大好きなたこ飯に、麹を加えてみました。

Dsc07114

食いしん坊のムサシは、タコが大好きで、よく晩飯に、たこ焼きだけ、福井式に食べることがあります。たこやきの作り方は、地方によって、いろいろあるようですが、うちのは、タコぶつ切り、大粒、ネギ、紅しょうが、多め、外側ぱりっと固めです。自分なりに工夫ができるところが、ムサシの考え方にあっています。


さて今回は、たこ飯の作り方ですが、

Dsc07108


市販の、麹を使って、

Dsc07107


たこに、塗り残しのないように、麹をまぶします。冷蔵庫に、2~3日、白飯2合に対して、タコ500gほど、2~3人前が、炊き込みご飯モードで、簡単に作れます。                                                                                                                                                                            あと生姜、、大葉を添えればなおよしというところで、第1の写真のように、出来上がります。簡単なので、よかったら作ってみてください。


そうそう、麹を加えて、タコがグッとやわらかく、風味豊かになりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

またたこ焼きの季節になりました。

Dsc04132夏もたまにやったりするのですが、これから冬の季節は毎月1回は必ず食べます。晩飯にたこ焼きだけで済ませる家は、少ないとおもいます。ムサシの家の場合、これが定番です。ほとんどムサシの独壇場です。娘も任せたりしてもまだまだ半人前です。近所のスーパーで国内産たこが安く手に入ったときがチャンスです。ムサシは小さい頃からたこ焼きが大好きでした。田舎の福井市の神社境内で常設たこ焼きやさんがあって、雨の日ひまそうなとき2時間ぐらいじっと作るのを見ていて、たぶん飽きたのでしょう。そのおばさんが子供のムサシに一度作ってみな!と作らせてくれたのを今でもワンシーンのように思い出すことが出来ます。たこ焼きは場数を踏めばだれでもおいしく作れます。ただ自分の個性で好みの味にすることが出来るのが面白いところでしょうか。ムサシは90歳100歳になっても一人で悦にいってたこ焼きを楽しむことが出来そうです。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

いわしのつみれを作ってみました。

Dsc03429


Dsc03430今日は肌寒く、小雨が降っていましたが、買出し係のムサシとしてはありがたいことに、今年も風邪ひとつ引かず、せっせと自転車にまたがり、大森近辺にお買い物です。某大手スーパーで、生いわしを見つけたので、このあいだテレビでやっていたいわしのつみれに挑戦してみることにしました。したがって今日の晩飯はムサシがすべて料理番です。某高級スーパーでさざえを買ってあるので、今日は海のもの料理となりました。いわしはすぐ鮮度が落ちるのでスーパーで頭とはらわたを取ってもらい、氷の袋に入れてベランダにおいて置きました。さざえは酒と醤油をいれてつぼ焼きに、いわしは本当は出刃包丁がよいのですが、まだそろえてないので、刺身包丁でたたきました。妻も娘もおいしいといってくれ、実際栄養満点なので、ムサシの料理のレパートリーになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)