奈良旅行3日め

今日最後の日は、天気もぐずついて来て小雨が軽く降っていました。朝のうちに二月堂から、法華堂にもう一度入り、ゆっくりご尊顔を拝してきました。


Dsc00511


結局奈良市から殆ど動かず、おみやげなどを買いのんびりして、帰りに、柿の葉寿司を晩飯に買い込んで、新幹線に乗り込みました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良旅行2日め

今日は昨日と違って良い天気になりました。


Dsc00501

朝のうちから奈良公園を散歩して、法華堂、そして、日光月光菩薩がおわします東大寺ミュージアムへ伺いました。


Photo_2


日光菩薩のお顔を拝見していると前回よりニコニコしているように見えたので、その旨、妻に伝えたら自分の心のありようが、顔に反映するのではという返事が帰ってきました。この日光月光菩薩も早く法華堂に戻られるといいなーと思いました。

近鉄奈良駅前に戻り、お昼になったので、前にも入った、出石そばの店で、そばを食べました。これもうまい。

腹ごなしに、奈良町散策、


Dsc00505


Dsc00506

これも以前に入ったことのある珈琲屋。天井高く落ち着いた店です。

今日は、あまり動かないで、奈良町あたりをぶらぶらしていました。夜は、予約しておいた、粟なら町店で、鶏鍋を食べました。

Dsc00507


Dsc00509

Dsc00510


Dsc00508

鶏鍋は、今まで食べたことのない新鮮な奈良野菜と鳥の刺身が出てきました。食べたところは、小さな蔵の中で静かに食べました。奈良の選りすぐりの日本酒がとても美味しく感じました。


いい加減酔っ払ったところで、これも最近の旅行の定番ですが、予約しておいたカラオケ屋に行って1時間半ほど、おはこの歌を歌ってきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊3日で奈良の仏様にお会いしてきました。

Photo

前回の奈良旅行では不空羂索観音様は、法華堂修理のため、東大寺ミュージアムに一時避難されて居られました。今回、元の法華堂に戻られたとのお話でしたので、あの間近に見る観音様がまた見たくて、この寒い時期に、伺うことにしました。


何度も奈良に来ていますが、二月堂、法華堂、戒壇院は、必ず立ち寄るところです。日本人にとって心の聖地ではないでしょうか?とても心が落ち着きます。


回を重ねるごとに、旅の仕方もうまくなってきているように思います。まず宿ですが、2ヶ月前からネット上に、ブッキングコムという会社が有り、予約、部屋の様子、最安の宿泊料金、すべてが分かり、全てネット上で、予約が完結します。今回予約したのは、ホテルフジタ奈良ですが、結果的に大満足でした。一番人気のペンションより、半額ぐらいの値段で、泊まれました。朝食も1300円でゆったり庭を見ながら、味わうことができました。
コスパがいいと思います。

ともかく新幹線で、2時間ほどで、京都、近鉄奈良線特急で、西大寺まで行き、佐保路の秋篠寺に、歩いて、20分

初めての訪問ですがしっとりと落ち着いていて、静かな佇まい。伎芸天は、とても穏やかな表情を浮かべておりました。


B0169850_18193318

この歳になってくると、食事はとても重大関心事になってきます。お昼は、前回も予約しておいた、クルミの木のランチです。どんどん人気が高くなってきて、予約してあるのに、随分待たされてしまいました。

Dsc00492


Dsc00495

でも味も前回より良くなっています。ついデザートに、好物のマロンケーキを頼んでしまいました。これもあたりでした。


宿に、荷物をおいてから、奈良町を散策です。いろんなお店が増えて、時間がすぐ立ってしまいます。

Dsc00498


Dsc00499


Dsc00500

さて動きまわって小腹がすいてきました。これも奈良町のしっとりとしたお店で予約をとっておいた、江戸川という小料理屋です。なかなか和の風情が気に入りました。味もまあまあです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の札幌グルメ旅にいってきました。3日目

今回の旅のテーマが食道楽なので、美味しいものを自分で探して、量より質で、食べることになりました。仕事柄、お年寄りと接する機会が多いのですが、やはり、もう量は食べれないようです。自分もその世界に近づいているようです。20代の頃は、サッポロビール園で、1.5リットルは入るだろうと思う大ジョッキで2杯飲めましたが、今はとても無理です。年代に合わせて、旅の仕方も変えていかねば、と思うこのごろです。
ホテルの朝食バイキングは、それほど期待していなかったのですが、割と美味しく吟味されていました。だからというわけでもないのですが、このホテルのディナーバイキングが割安だったので、しかも、サッポロクラシックビールが飲み放題付きなので、予約しておきました。
今日は、最後の日にふさわしく、だんだん晴れてきました。

Dsc00075


今日のお昼は、最初の日、美味しかった松尾ジンギスカンを、もう一度食べたいとのことで、南一条店に一番乗りで、行ってきました。


早めの昼食で、お腹いっぱいで、ビールもたっぷり飲んで、すぐ目の前の市電に乗って、藻岩山に向かいました。札幌のハズレの方まで行くと、雪がいっぱい残っていました。ロープウェイ、ケーブルカーを乗り継いで着いたところは、こんな景色です。

Dsc00077


雪もやんで、流石に山の上は、寒さも一段厳しいです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 でも、展望台は、見晴らしよく、気分の良いところでした。

Dsc00079

Dsc00083


Dsc00084


                                                                                                                                                                                                              
下る途中で、スノウモービルで、そりに乗れるところが有り、雪の中を、一周してきました。冬らしい景色がご馳走でした。

夕方ホテルに戻って、夕食を食べ、ビール中ジョッキ4杯を飲み干し、ママも少し酔っ払って、電車で千歳に戻る頃には、もう何も食べられない程満腹でした。食べ尽くしでごめんなさい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の札幌グルメ旅に行ってきました 2日目

昨晩、夕食バイキングから帰ってくると、カラオケルームがあることが、わかり、早速安いので、ゆったり1時間ホテルのカラオケルームで、歌ってきてしまいました。ママは、カラオケ大好き人間で、個室で、大きなマイク片手に歌ってきました。私は、十八番のすきま風に始まり、北空港、石狩挽歌、3年目の浮気など、お酒もはいらず、ジンジャソーダーで酔っ払いました。結構歌えるものですね。両となりも、我々と同じ団塊の世代の、おばさんたちがガンガン歌っていました。

Dsc06948


さて朝になり朝食バイキングも終えて、10時にホテルから札幌駅まで、送迎バスが付いています。2時間で、札幌駅につきました。札幌で一番高い建物になった、JRタワーに登ってみることに。

Dsc06977


Dsc06976


初めて登りましたが、素晴らしい景色です。石狩湾までくっきり見えます。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                    有料の入場料を取るせいか、人が少なくて、ゆったり景色が眺められました。

今日泊まるホテルは、駅から程近いホテルニューオータニインです。新しいせいか、内装も綺麗で、ゆったりとしていました。チェックインが14時なので、荷物を預けて、駅前をぶらぶら。今は冬なので、人はほとんど地下に潜り地下道を歩くようです。駅前から、大通リまでは、雪道を歩かなくて済むようです。                                                                                                                                      札幌地下鉄の一日乗車券を買って、東西線の場外市場に行きました。市の中心部を過ぎると、やはりすごい雪が残っていて、滑りやすいです。今日の昼は、海鮮のものが食べたかったので、場外市場の、旨いところをムサシが動物的勘で見つけました。ちょっと脇に入ってうまい寿司屋を見つけました。


Dsc00060

当たりでした。場末にあるこの寿司屋だけ繁盛していて、満杯でした。上機嫌で熱燗酒を二本も飲んでしまいました。       右端はアワビです。


大満足でホテルに戻り、今晩は予約しておいたプリンスホテルディナーバイキングは、キャンセルして、札幌で一番うまいラーメンをくおうという気分になったので、あらかじめ、検索しておいた、円山公園の嬉ラーメンに向かうべく表通リを歩いていたら、雪がどんどん降ってきました。

Dsc00061


雪が降ってくるといかにも札幌らしくなってきた。気分もハイテンションに。


Dsc00072


                                                                     ふたたび地下鉄東西線に乗り、円山公園に、あらかじめ、グーグルストリートビュウで確認しておいたので、一発で、目的ラーメン屋に到着。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                それがこのラーメンです。

Dsc00073


札幌のラーメン屋もいっぱいあるけれど、マスコミ取材拒否、化学調味料不使用、小さいラーメン屋で、地元の人もあまり教えたがらない、ラーメン屋のようです。確かに行った時は、子供連れの客が2組だけ。やさしいあじでした。十分満足して、ホテルに戻りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の札幌グルメ旅に行ってきました。1日目

Dsc06975

どうしても北海道に行きたくて1月からいろいろと物色していましたが、コスパの良いフリーツアーを見つけたので、思い切って申し込み、最近のやり方通リ、ネットで全て完結する、やり方で、申込みました。
ところが2月に入って、健康オタクで通してきた、ムサシが64年間で初めて入院手術、という事態に。幸い1週間の入院で、事なきを得ましたが、本人の方が、びっくりしています。鼠けいヘルニアという完治するモノのようですが、年をとってくるといろんなハプニングが、出てくるのは、致し方ないようです。3週間前のキャンセルでないと、全額戻ってこないので、ヒヤヒヤしていました。
北海道へは、もう40回弱ぐらい行くほど、大好きなのですが、3月の北海道は、行っていないので、いろんな季節の北海道を知りたくて、仕事の合間を見て行ってきました。
天気にも恵まれて、朝早く羽田を出発しました。10時には千歳空港に到着、2時半に登別の宿の送迎バスが来るので、それまで、一大ショッピングモールと化した千歳でいろいろ楽しみました。よつばのソフトクリームは東京で食べるものより、味が濃い感じがしました。今回の目的の一つに、ジンギスカンと生ビールをたらふく食べ飲むことだったので、昼食に松尾ジンギスカン千歳店で、フルコースいただきました。うまい。北海道といえば、ジンギスカンですね。松尾のは、肉ダレがとても美味しくて、癖になります。ちょっと酔っ払って、ラーメン道場という北海道よりすぐりのラーメン屋さんを冷やかして、帰りには必ず食うぞと、下見をしてきました。


Dsc06947

さて送迎バスに乗り込むと、1時間ほどで登別に、粉雪まい立つ冬の北海道です。20年ほど前に泊まった石水亭さんに再び泊まることに。でも昔の時より、立派になって、部屋も広く、何より露天風呂が素晴らしく、肌がスベスベになり、よく温まります。出発までに4度も入りました。0度以下の外気に触れる露天風呂は、最高です。むかし
積丹半島の付け根でマイナス20度の露天風呂に入ったら、出てくるとき、湯気のついたタオルが、一瞬で凍りついたのを覚えています。やはり北海道は、ワンダーランドですね。                            登別の湯の良さを再確認できた旅になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州トンバイ塀(焼き物)旅行3日間(3日目)

Dsc06541


嬉野温泉の朝食です。われわれの今までの旅行だと、朝食は大体バイキングということが多かったのですが、今回は贅沢にもバイキングではありません。席から動きませんでしたが、絶妙なタイミングで、サービスしてくれるので、日本旅館の良さを改めて認識しました。さすが一流の旅館は、気配りがすごいと実感できる朝食でした。われわれもサービス業なので、でしゃばらないサービスと気配りは大いに参考になります。


Dsc06542


さてお土産を買って宿を出発するとき、女中さんが荷物を持って、駐車場まで来てくれて、出発のお見送りまでしてくれるのには、驚きました。たった一人ですが、そこまでは普通しません。

さて嬉野温泉を出発して波佐見焼きに立ち寄りましたが、たいしたものはなく、有田の皿山通りに向かいました。


Dsc06543

Dsc06544

                                                                                                                                                                                            ここは表通りから一歩裏に入ったところですが、トンバイ塀が一杯続いています。


Dsc06545

Dsc06546

Dsc06548


いろいろな表情があり楽しみました。 すぐそばに陶工のお墓があって、塀が供養をしているようにも見えました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  ノンビリ写真を撮っていたら、お昼になり、近くのコーヒー屋で昼食

Dsc06549


Dsc06550

食後にコーヒーを出してくれるのですが、壁一杯のコーヒーカップから好きなカップを選んで飲めるそうです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                これで大体スケジュールはすべて消化しました。後は高速道路で博多空港に戻るだけです。

Dsc06551


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               2時間弱で順調に博多空港に戻りました。やれやれ、空港ビルで今回無事終了したことを祝って、暑かったので、ビールで乾杯!。千歳空港に比べて博多は小さい空港でした。あっという間に3日間終わってしまいました。まだ夢の中に居るような気分でした。

Dsc06569

今回ムサシが買ったものです。左上が唐津のコーヒー屋で買った小鹿田焼きの刷毛目3寸皿です。その右が唐津隆太窯の焼き締めぐい飲み、右下が波佐見で買った古伊万里三寸皿、左下が色鍋島のご飯茶碗です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州トンバイ塀(焼き物)旅行3日間(2日目)

Dsc06514


今日は、伊万里から30分ほど山に入ったところにある、大河内に鍋島焼きを見に行きました。四方がぐるっと山に囲まれていて、入り口に関所跡があります。昔佐賀藩の藩窯(はんよう)が有ったところで、藩の財政の大黒柱である、鍋島焼きの技術が、他に漏れないよう、また朝鮮から連れてきた焼き物職人が逃げないよう、厳重な管理がなされていたようです。たしかに地勢的にみても、周りが急峻な山に囲まれ、関所以外に道はありません。歴史を感じさせる風景です。


Photo

今回の旅行の大きな動機でもある、トンバイ塀(登り窯の窯を作るとき内側のレンガに焼き物の釉薬がかかったものの廃物利用で出来た塀)のある風景を是非見たくて、ネットで調べたら、この大河内と有田の皿山通りにあることがわかり、とくに、この大河内は、味があるトンバイ塀が残っているようです。

Photo_2

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   車がほとんど入ってこないせいか、とても静かで落ち着くところです。

Dsc06527


Dsc06533


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                ぐるっと一回り買い物をして、最後にトンバイ塀のあるお店でコーヒータイム。

Dsc06535


Dsc06534


大河内から有田に向かう途中、田んぼの中にある農家レストランで、昼食、地野菜のたっぷり入った美味しいカレーでした。


Dsc06536

有田の佐賀県立九州陶磁文化館へは、30分ほどの平坦な道です。この頃は、カーナビが進歩しているので、電話番号さえ入力しておけば、迷わず、目的地につけます。明日は文化館も休みなので、今日ゆっくりと柴田夫妻コレクションを見ました。約一万点の古伊万里収集のごく一部しか展示がありませんが、なかなか見ごたえがありしかも、客が数人しか居ないので、ほとんど貸し切り状態で、写真で見るのとは別で、実物の凄みが感じられました。2時間もたっぷり鑑賞した後、館内オープンテラスでコーヒーを頂きました。有田の山々が見渡せるテラスは実に優雅な余韻の時間をもたらしてくれます。館内に30分おきにオルゴールの有田焼バージョンのからくり時計があり、雰囲気にぴったりでした。

Dsc06539

                                                                                                                                                                                                                                                                                               さて今日のハイライト、嬉野温泉の露天風呂のある宿に泊まりました。この宿はコンセプトの違う3つの宿を持っており、一番山間にある宿の露天風呂まで、マイクロバスで循環しているようです。


Photo_3

Photo_4

われわれが泊まったのは右の写真の宿です。嬉野温泉で一番口コミの多い宿を選定基準にしました。しかも純日本旅館のところが気に入っています。われわれぐらいの年代になると、こういうところのほうが落ち着きますね。


Photo_5

Dsc06572

下の写真は夕食、朝食の食事処です。肝心の夕食時、デジカメを持っていくのを忘れてしまったので、懐石フルコースのお品書きで、想像してください。客数も少なかったせいか、一番奥まった席で、ゆったりと食事。地元の日本酒を注文、日本料理の豊かさを改めて実感しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州トンバイ塀(焼き物)旅行3日間1日目

Dsc06487


今回の旅行は焼き物三昧。旅行はムサシの最大の趣味。子供が小さいうちから、九州の民陶には何度も行ってきました。特に日田の小鹿田焼(おんた)、小石原焼は味があります。寂しい話ですが、年をとってくると、体力的にも、財力的にもあまり余裕がなくなってくるので、旅のスタイルが若いときとは大きく変わってきているように思います。


いまだに仕事を抱えているので、せいぜい3日間取るのが精一杯です。往復飛行機で、現地レンタカー、1泊はビジネスホテル。2泊目は老舗の日本旅館で、温泉露天風呂があるところに決めました。まだゆっくり見ていない唐津焼と、色鍋島で最近脚光を浴びてきた、大川内(おおかわち)、有田は一度は見ておきたかった佐賀県立九州陶磁文化館にある柴田夫妻伊万里コレクション、時間が有れば,波佐見焼にも足を伸ばすつもりです。                                                  今回の特徴は手配がすべてネットで完結できたことです。 もう時代が変わりましたね。ネットを使う人と使わない人との格差がどんどん広がっていくような気がします。 ムサシが今回の旅行で一番、見たいのがトンバイ塀です。デジカメにばっちり撮ってきました。梅雨時ですが、晴れ男なので、ほとんど雨は降られなかったです。

Dsc06489


博多空港に9時頃着き、すぐ目の前のレンタカー事務所から出発。福岡都市高速に乗り、一路呼子へ、2時間弱で、呼子のイカ刺し屋,河太郎に、オープンぴったりに到着、ほんとにイカが透き通っていました。こりこりの甘さは最高です。げそはてんぷらにしてくれます。

Dsc06491

一息ついたところで、写真の向かいの島で甘夏ゼリーを手作りで売っているところへ行き試食が出来ました。


Dsc06493

Dsc06496


呼子から唐津に戻り、唐津城を見学、呼子の郊外に、秀吉が朝鮮征伐のための、各大名の陣跡があちこちに残っており、さすがは歴史の重みが感じられました。城からの景色も素晴らしく、松原も素敵でした。


Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4

Dsc06505


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     一息継ぎに、城の近くの素敵な和カフェに入りました。


Dsc06502


Dsc06503

暑い日だったので私はカキ氷、妻はあんみつ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                    焼き物も売っていましたが、とてもセンスがよく、好みが私と似ているところが気に入りました。

Dsc06507

一休みしたところで、今日のハイライト、唐津焼の隆太窯(りゅうたがま)にカーナビで向かいました。唐津郊外のまったく田舎の辺鄙なところに、ぽつんと工房がありました。先客の親娘と一緒に、絵唐津の作品でコーヒーを一杯いただくことに。目の前で御当主の中里太亀(なかざとたき)さんの作陶を拝見しながらぜいたくなひと時を過ごすことが出来ました。

とにかく山の中の工房ですから小川もあり、自然一杯の森の中でした。

Dsc06509


Dsc06508


登り窯もありました。


Dsc06510

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ゆったりとした時間を楽しんだ後、今日の泊まりの伊万里駅前のホテルに到着。夕食はホテル契約のグルメ居酒屋で、地酒と刺身盛り合わせ、イカ刺しで、久しぶりにノンビリ食事が出来ました。


Dsc06511


Dsc06513


Dsc06512


                                                                                                                                                                                                                                                                                   居酒屋で食事後、ほろ酔い気分で、伊万里市内をうろうろ、骨董が置いてあるコーヒー屋でコーヒーを一杯。閉店間際でしたが、焼き物談義に花が咲き、波佐見の焼き物作家、走破さんが代毎に作風が変わるという話や、オールドノリタケが最近人気が出てきたという話を交わすことが出来ました。焼き物の町ならではの話です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年恒例のお花見に行ってきました。

Dsc06401

旅好きのムサシが選ぶお花見場所はあまり人が来ないところ、歴史があって、風流なところ、ちょっと散りかけて人が見向きもしないタイミング、何度行っても飽きが来ないところ、そんなところが好きです。その点、妻は私にお任せなので、喧嘩になりません。


場所は思い出の地早稲田に程近い、新江戸川公園です。椿山荘下の神田川沿いは、大勢の人が花見に来ますが、中が見えない高い塀の反対側が新江戸川公園になっていることは、意外と地元の人でも気付かない模様です。ここは元細川藩の下屋敷、すぐ崖の上をたどれば、永青文庫、細川藩の資料が展示されています。つまり元お殿様のお庭が無料開放されているということです。


Dsc06400


                    花より団子の例に漏れず、東京駅地下コンコースにある駅弁売り場で駅弁人気ナンバーワンの越前かに飯を買いそびれて、同じ店のワングレード高い駅弁を買う羽目に。         本命かに飯は朝5時に1回入荷し売り切って終わりだそうです。今年はマイ杯のほかに、マイ徳利まで持ち込んで、美味い日本酒をたっぷり頂きました。蟹と日本酒はとても相性がいいと、珍しく妻も一献飲んでいました。


Dsc06403


天気も曇っていたので、あまり人も居ず、ゆっくり花見ができました。


Dsc06405

帰り早稲田から都電に乗りたいと妻が言うので、王子まで、都電を楽しみ、                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           王子で東京一うまい葛餅やと評判が高い店で葛餅を買って帰途に着きました。


Dsc06407


| | コメント (0) | トラックバック (0)