« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

奈良旅行3日め

今日最後の日は、天気もぐずついて来て小雨が軽く降っていました。朝のうちに二月堂から、法華堂にもう一度入り、ゆっくりご尊顔を拝してきました。


Dsc00511


結局奈良市から殆ど動かず、おみやげなどを買いのんびりして、帰りに、柿の葉寿司を晩飯に買い込んで、新幹線に乗り込みました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良旅行2日め

今日は昨日と違って良い天気になりました。


Dsc00501

朝のうちから奈良公園を散歩して、法華堂、そして、日光月光菩薩がおわします東大寺ミュージアムへ伺いました。


Photo_2


日光菩薩のお顔を拝見していると前回よりニコニコしているように見えたので、その旨、妻に伝えたら自分の心のありようが、顔に反映するのではという返事が帰ってきました。この日光月光菩薩も早く法華堂に戻られるといいなーと思いました。

近鉄奈良駅前に戻り、お昼になったので、前にも入った、出石そばの店で、そばを食べました。これもうまい。

腹ごなしに、奈良町散策、


Dsc00505


Dsc00506

これも以前に入ったことのある珈琲屋。天井高く落ち着いた店です。

今日は、あまり動かないで、奈良町あたりをぶらぶらしていました。夜は、予約しておいた、粟なら町店で、鶏鍋を食べました。

Dsc00507


Dsc00509

Dsc00510


Dsc00508

鶏鍋は、今まで食べたことのない新鮮な奈良野菜と鳥の刺身が出てきました。食べたところは、小さな蔵の中で静かに食べました。奈良の選りすぐりの日本酒がとても美味しく感じました。


いい加減酔っ払ったところで、これも最近の旅行の定番ですが、予約しておいたカラオケ屋に行って1時間半ほど、おはこの歌を歌ってきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊3日で奈良の仏様にお会いしてきました。

Photo

前回の奈良旅行では不空羂索観音様は、法華堂修理のため、東大寺ミュージアムに一時避難されて居られました。今回、元の法華堂に戻られたとのお話でしたので、あの間近に見る観音様がまた見たくて、この寒い時期に、伺うことにしました。


何度も奈良に来ていますが、二月堂、法華堂、戒壇院は、必ず立ち寄るところです。日本人にとって心の聖地ではないでしょうか?とても心が落ち着きます。


回を重ねるごとに、旅の仕方もうまくなってきているように思います。まず宿ですが、2ヶ月前からネット上に、ブッキングコムという会社が有り、予約、部屋の様子、最安の宿泊料金、すべてが分かり、全てネット上で、予約が完結します。今回予約したのは、ホテルフジタ奈良ですが、結果的に大満足でした。一番人気のペンションより、半額ぐらいの値段で、泊まれました。朝食も1300円でゆったり庭を見ながら、味わうことができました。
コスパがいいと思います。

ともかく新幹線で、2時間ほどで、京都、近鉄奈良線特急で、西大寺まで行き、佐保路の秋篠寺に、歩いて、20分

初めての訪問ですがしっとりと落ち着いていて、静かな佇まい。伎芸天は、とても穏やかな表情を浮かべておりました。


B0169850_18193318

この歳になってくると、食事はとても重大関心事になってきます。お昼は、前回も予約しておいた、クルミの木のランチです。どんどん人気が高くなってきて、予約してあるのに、随分待たされてしまいました。

Dsc00492


Dsc00495

でも味も前回より良くなっています。ついデザートに、好物のマロンケーキを頼んでしまいました。これもあたりでした。


宿に、荷物をおいてから、奈良町を散策です。いろんなお店が増えて、時間がすぐ立ってしまいます。

Dsc00498


Dsc00499


Dsc00500

さて動きまわって小腹がすいてきました。これも奈良町のしっとりとしたお店で予約をとっておいた、江戸川という小料理屋です。なかなか和の風情が気に入りました。味もまあまあです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京発電車日帰り介護旅行で銚子電鉄に乗ってきました。

Dsc00487


銚子に行くには東京駅地下の総武線快速ホームからの始発の特急になります。我々は蒲田から行くので、京浜東北線で東京まで行きますが、あらかじめ蒲田の出発時に駅員さんに、東京駅の案内を頼んでおくことが必要です。いま東京駅のエレベーターが1基修理中で、迂回ルートがややこしいので、駅員さんの案内に任せたほうが、安心です。もちろん車椅子席の指定券をみどりの窓口で、とっておくことがおすすめですが、今回の場合は、列車の構造上、新幹線の指定席のようには、座れないので、特別室を使わせてもらうことになりました。

私の場合は、旅慣れていますので、スムースに対応できますが、慣れていないと、どこまで頼んでよいかわかりづらいと思います。ただ国の方から、鉄道各社に対して、車いす対応のための補助金が出ていますので、ガードマンさんの、人件費等は、そこから出ています。なるべくわからない点は、現場の人に聞くことがおすすめです。

Dsc00484


さて2時間ほどで、銚子につき、銚子電鉄に乗り換えです。エレベーターがあるので、乗り換えは簡単です。JRの方に醤油大樽が、格好の、記念スポットです。

銚子電鉄には、可愛いアテンダントさんが乗っていて、いいツーショットが撮れました。


なお乗り換え時間がたっぷりあるので、JR側の外の観光案内所で、いろいろ情報を仕入れると良いです。
帰りの珈琲屋は、ここで、地元の老舗の店を教えてもらいました。駅前にあります。


Dsc00483

観光案内所で仕入れた情報によると、終点の外川駅(とかわ)では、坂が多く、海が見えるところまでは、けっこう大変だというので、その手前の、犬吠駅で下車、灯台まで、歩いて10分前後だということです。
駅前にできたばかりの海鮮定食屋さんがありそこで、新鮮なお刺身等を食べることができました。決して高級感はありませんが、新鮮なお魚がおいしかったです。


Dsc00485


灯台につく頃には、天気が少し悪くなってきて、急いでおみやげ屋さんで、買い物をして、駅に戻りました。犬吠駅もバリアフリーなので安心して下車できます。

帰りの電車は、雨でしたが、直接濡れなかったのが幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »