« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

電車日帰り介護旅行で、富岡製糸場に行ってきました。

Dsc00329

今回は、梅雨時なので、曇ってはいましたが、雨も降らず、涼しい日で、快適な一日でした。JR蒲田のみどりの窓口で、朝一番に、新幹線の予約をします。いつものように、車椅子席のある、車両の、指定席で、なるべく、車椅子に近いところを3席確保して、予約するのがコツです。よほど混んでいなければ、車椅子席は、オフラインで、直前には、予約できないので、うまく空いていれば、車椅子席近辺に座れます。ただ、ずっと前に、車椅子席を予約した人がいれば、当然座れませんので、指定席券を車掌に見せて、交渉し、特別席をもらうことがあります。

今回は、ちょっとしたトラブルがあって、みどりの窓口さんの手配ミスで、東京から、高崎、上越新幹線も、通るわけですが、新潟行の2階建て車両(古い車両)で、予約が取れたので、車椅子席に行ってみると写真のようになっていました。要するに座れないのです。


Dsc00326

こんなことは、初めてなので、いろいろ事情を、車掌さんに聞くと、新潟行きの2回建て車両の大半は、このようになっているらしいです。なので、新潟行きの2回建て車両には、予約を入れないように注意しないと、いけません。

なので、今回の行きだけ、特別室もなく、デッキで、50分我慢してもらいました。当然、高崎駅で、指定券は、払い戻してもらった次第です。同じ新潟行きでも、2回建てでない車両構成の列車は、大丈夫のようです。

高崎駅から、上信電鉄に乗り換え、40分で、上州富岡につきます。世界遺産に指定されなければ、全くの田舎の風情ですが、駅舎も立派になり、駅は、バリアフリーです。

駅に降りると、大勢のおじさんおばさん方が、一斉に同じ方向に歩き出すので、10分ほど、ついていく感じで、製糸場前につきます。

数年したら立派な観光地となるような感じです。


Dsc00328

食事は、あまり期待できない場所なので、高崎に戻ってから、駅近辺の、レストランで食事をしました。高崎駅から、15分ほどのところに、美味しいうなぎ屋があるのですが、ランチが、14時で終わってしまうので、食べれず仕舞いでした。

田舎の景色がご馳走でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »