« ミステリーツアーに初参加(1日目) | トップページ | ミステリーツアー3日目 »

神威岬、3度目のツーショット(2日目)

Dsc06211


夜空もきれいでしたが、部屋での夜明けもすてきでした。増毛海岸から、積丹半島までゆるいカーブで朝焼けの海が見えました。とてもよい天気で、海も静か、秋空になりました。

朝食バイキングのあと、小樽運河の観光スポットで、記念写真、そのあとショッピングの時間となりました。

Dsc06210

小樽を後にして積丹半島、神威岬に向かいました。このコースはわれわれにとっては、定番コースですが、一般的にはマニアックなコースらしいです。

Photo003

Kamuimisaki21

Photo

                                                                                                                                         われわれの思い入れのある神威岬は3度写真を撮っていますが、実は4度行っているのです。最初は左上の写真で、大学4年の9月に2週間掛けて、貧乏旅行したとき、あの時は神威岬の先端までは薄暗いトンネルを通り抜けてやっとの思いでたどり着いた記憶があります。2度目は25歳のときの新婚旅行、積丹半島の西海岸を行けるところまで、北上して神威岬のすぐ近くまで車で行ってきました。3度目は2003年9月の右上の写真、左下が今回の写真です。今回は岬の先端に向かう道が崩れたそうで通行止め。仕方なくちょっと離れたところからカムイ岩のスナップ写真となりました。でも写真としては一番良いスナップだと思っています。天気が良くていわゆる積丹ブルーがよく映っています。水平線がちょっと丸くなっていて広がり観が出ています。セルフタイマーなので、実にリラックスした表情に仕上がりました。思い入れのある神威岬ですが、やはり学生時代に行った旅が一番密度が濃く、楽しさも印象も一番のように思います。このように時系列的に写真を見ると、カムイ岩は変わらないけれど、我々はどんどん変わっていくのが、手に取るように分かります。これも旅の楽しみ方のひとつのように思います。


Dsc06207

Dsc06206


天気が良いせいか、積丹ブルーの青さが際立つ写真が取れました。すぐ近くの食堂で新鮮なお刺身定食を食べ、ニセコの神泉沼に向かいました。


Dsc06205


神泉沼は我々は1度行っていますので、新鮮味はなかったのですが、それでも尾瀬のような木道を歩くのは、とても気持ちがよかったです。


とにかく今日は神威岬に寄れてとてもラッキーな気分でいることが出来ました。夕方羊蹄山の噴出し名水に立ち寄り、ペットボトルに一杯水を汲んで、今夜は留寿都リゾートのタワーに泊まることになりました。

|

« ミステリーツアーに初参加(1日目) | トップページ | ミステリーツアー3日目 »

ムサシの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神威岬、3度目のツーショット(2日目):

« ミステリーツアーに初参加(1日目) | トップページ | ミステリーツアー3日目 »