« 珍しいかさ雲が富士山に | トップページ | 日帰り介護旅行で日光の紅葉を見てきました。 »

日帰り介護旅行の下見をしてきました。

Dsc03157 Dsc03158 Dsc03159 Dsc03155 Dsc03154 最近下町に行くことが増えたのでムサシも東京に42年住んでいますがどんどん変わっていく東京の最新地域情報をつかんでおく為に一日掛けて下見をして来ました。こんな時はアクセスに便利な東京ふりー切符を使います。今日の下見のキーワードは下町人情商店街と物産館めぐりです。まず大森から京浜東北線で日暮里まで行き舎人(とねり)ライナー(写真左1)で終点の見沼代親水公園(写真左2)を散策、もどり道、舎人公園は広くてあまり知られていない分楽しめそうです。ゆりかもめと同じ無人電車で運転席と同じ視界で乗れるのは楽しいかもしれません。荒川を超え(写真左3)熊野前で下車、都電荒川線(写真右2)に乗り換え、三ノ輪橋へ行き商店街を散策、昔ながらのパン屋でコロッケパンをほおばりながらも雰囲気がお年寄りばっかりで暖かい雰囲気なのはいいけれど寂れようは目を覆うばかりでした。都電で町屋駅前までもどり千代田線で千駄木へ行き谷中銀座のはずれから日暮里まで商店街を歩きました。ここはすごく活況で狭い道をミス谷中を先頭に浴衣姿で踊りパレードがあったり、おいしいコロッケ屋が行列を作っているので思わず並んでしまいました。名物のメンチカツをほおばりながら、やる気のある酒屋で恵比寿琥珀生ビールをコップで飲みながら(写真右)道行く人をながめつつ楽しい雰囲気でした。ここの商店街は個人旅行介護で使えるなと思いました。日暮里から東京八重洲口に移動し、駅前の京都物産館で精選されたあんころもち、黄な粉もち、ぜんざい、刺身醤油、そばぼうろうを買い、隣の北海道物産館は、初めて行きましたが、有楽町や浅草の北海道物産館より品揃えが多いみたいです。それに御当地食材を使ったレストランも併設されていて個人旅行介護でお客さんと食事など出来るところです。あと東西線で早稲田へ行きムサシ御用達のラーメンを食べ、東西線で門前仲町へ移動。ムサシのむかしの営業先である大手文具小売屋さんがどうなっているか確かめようといってみたら、もう廃業していました。10年足らずの間にずいぶん変わりました。門前仲町から大江戸線で森下まで移動、江東の高橋商店街にある昔のお得意さんを尋ねてみたら、まだがんばっていました。ただ御主人がなくなり奥さんが一人でやっているようでした。懐かしいのでつい長話になり、ここの商店街も御主人が生きていた頃はまだやる気があったみたいですが今はずいぶん寂れてしまったようです。お向かいにあるおいしいうなぎやさんも健在で、下町では一番おいしいうなぎだと思っています。ただ御主人が糖尿で透析の身なので火木土日曜のみ営業みたいです。下町情緒のうなぎを食べる時案内できるお店です。健在でほっとした反面、ずいぶん変わっていく世の中を体験した一日でした。

|

« 珍しいかさ雲が富士山に | トップページ | 日帰り介護旅行で日光の紅葉を見てきました。 »

ムサシの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り介護旅行の下見をしてきました。:

« 珍しいかさ雲が富士山に | トップページ | 日帰り介護旅行で日光の紅葉を見てきました。 »