« 今回の北海道の旅は当たり!!でした。 | トップページ | 36年ぶりに大沼の畔を2人だけで歩きました。 »

小京都松前は歴史の町

Dsc00487 Dsc00485 Dsc00477 Dsc00488 Dsc00486 Dsc00479_2Dsc00480_3 昨日は気分良く、函館を満喫して、10数年ぶりの、大沼プリンスホテルに再び泊まりました。今年は紅葉が遅れているようで、ちょうど晩秋のグッドタイミングの秋を満喫できました。ここは、北海道のプリンスホテルでも最高のロケーションで、駒が岳山麓の超広大な敷地をゴルフ場とホテルが独り占めしている場所です。ホテルの露天風呂はいつでも入れ、単純泉ですが、100パーセントかけ流しで、肌がつるつる、温泉好きのムサシは5回も入ってしまいました。さて翌日、朝食バイキングもそこそこに、松前に向かいました。片道2時間、海沿いのがらがら道を持参したお気に入りの音楽カセットをラジカセでがんがん聴きながらドライブするのがムサシ流です。松前は桜の季節はすごい人が出るようですが、こんな季節は、まったく観光客がいません。とても静かな、小京都を、二人でのんびり歩くことが出来ました。10時ごろ通り雨がさっと降った以外は、すっかり晴れ渡って、ムサシが晴れ男の面目躍如と言ったところ。日本最北の小京都へ、初めて来てやはり文化のあるところは、面白いという感想です。九州大分の杵築とか愛媛の内子などとも共通項がありますね。松前藩主の菩提寺にとてもよい気が流れていました。さて函館に戻り、観光客でなく、市民が行く市場中島廉売で、おいしいりんごを見つけたのでりんご好きのムサシはさっそく買ってホテルで食べました。魚介類もかなり安く、キャンピングカーで来るときは是非寄りたいところです。


Dsc00482_2

|

« 今回の北海道の旅は当たり!!でした。 | トップページ | 36年ぶりに大沼の畔を2人だけで歩きました。 »

ムサシの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小京都松前は歴史の町:

« 今回の北海道の旅は当たり!!でした。 | トップページ | 36年ぶりに大沼の畔を2人だけで歩きました。 »