東京発電車日帰り介護旅行で、豪徳寺、高幡不動に行ってきました。

Dsc00523

あいにくの小雨模様でしたが、ご本人がテレビで見たという、豪徳寺の招き猫を、見に、池上線池上を出発しました。旗の台、二子玉川、三軒茶屋と乗り継いで、キャロットタワーの最上階にあるレストランで、コーヒーを飲みました。一息入れたところで、1階のところから、世田谷線に乗り、宮の坂で下車、駅から5分ほどで、豪徳寺に到着、住宅街のど真ん中に、静かに、お寺があるという感じです。


Dsc00521


古刹という感じで、なかなか由緒のあるお寺でした。


ふたたび世田谷線に乗り下高井戸まで行き、京王線に接続、高幡不動前につきました。

雨もやっと上がり参道を進み、本堂のひとつ上のお堂には、車いすが登れるスロープがついています。不動明王が祀ってあるところです。そこでお参りを済ませて、三叉の黄色い花をバックに記念撮影

Dsc0052


五重塔も、なかなか素晴らしいです。


Dsc525risaizu


おみやげなどを買い、さて昼飯です。ご本人様は、焼き肉が食べたいとのことなので、参道の帰り道、大きな国道を渡る交差点から、むかって、左にコンビニが有ります。そこを回りこんだところにすぐモランボンの焼肉レストランが有ります。つまり一つ裏道になるわけです。予約もしていませんでしたが、ラッキーな事に、あの大きな車いすで、なんとか、一番手前の席に、入ることができました。ほぼ満席の繁盛店でしたが、タイミングが良かったようです。もし行かれるのでしたら、予約をしたほうが良さそうです。味はとても美味しいものでした。

なお世田谷線各駅には、トイレはありません。三軒茶屋、下高井戸には、車いす用トイレが有ります。

帰りは、モノレールで、立川北まで行き、JR立川駅から、新宿、山手線で五反田、東急線で、池上まで、戻りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良旅行3日め

今日最後の日は、天気もぐずついて来て小雨が軽く降っていました。朝のうちに二月堂から、法華堂にもう一度入り、ゆっくりご尊顔を拝してきました。


Dsc00511


結局奈良市から殆ど動かず、おみやげなどを買いのんびりして、帰りに、柿の葉寿司を晩飯に買い込んで、新幹線に乗り込みました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良旅行2日め

今日は昨日と違って良い天気になりました。


Dsc00501

朝のうちから奈良公園を散歩して、法華堂、そして、日光月光菩薩がおわします東大寺ミュージアムへ伺いました。


Photo_2


日光菩薩のお顔を拝見していると前回よりニコニコしているように見えたので、その旨、妻に伝えたら自分の心のありようが、顔に反映するのではという返事が帰ってきました。この日光月光菩薩も早く法華堂に戻られるといいなーと思いました。

近鉄奈良駅前に戻り、お昼になったので、前にも入った、出石そばの店で、そばを食べました。これもうまい。

腹ごなしに、奈良町散策、


Dsc00505


Dsc00506

これも以前に入ったことのある珈琲屋。天井高く落ち着いた店です。

今日は、あまり動かないで、奈良町あたりをぶらぶらしていました。夜は、予約しておいた、粟なら町店で、鶏鍋を食べました。

Dsc00507


Dsc00509

Dsc00510


Dsc00508

鶏鍋は、今まで食べたことのない新鮮な奈良野菜と鳥の刺身が出てきました。食べたところは、小さな蔵の中で静かに食べました。奈良の選りすぐりの日本酒がとても美味しく感じました。


いい加減酔っ払ったところで、これも最近の旅行の定番ですが、予約しておいたカラオケ屋に行って1時間半ほど、おはこの歌を歌ってきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2泊3日で奈良の仏様にお会いしてきました。

Photo

前回の奈良旅行では不空羂索観音様は、法華堂修理のため、東大寺ミュージアムに一時避難されて居られました。今回、元の法華堂に戻られたとのお話でしたので、あの間近に見る観音様がまた見たくて、この寒い時期に、伺うことにしました。


何度も奈良に来ていますが、二月堂、法華堂、戒壇院は、必ず立ち寄るところです。日本人にとって心の聖地ではないでしょうか?とても心が落ち着きます。


回を重ねるごとに、旅の仕方もうまくなってきているように思います。まず宿ですが、2ヶ月前からネット上に、ブッキングコムという会社が有り、予約、部屋の様子、最安の宿泊料金、すべてが分かり、全てネット上で、予約が完結します。今回予約したのは、ホテルフジタ奈良ですが、結果的に大満足でした。一番人気のペンションより、半額ぐらいの値段で、泊まれました。朝食も1300円でゆったり庭を見ながら、味わうことができました。
コスパがいいと思います。

ともかく新幹線で、2時間ほどで、京都、近鉄奈良線特急で、西大寺まで行き、佐保路の秋篠寺に、歩いて、20分

初めての訪問ですがしっとりと落ち着いていて、静かな佇まい。伎芸天は、とても穏やかな表情を浮かべておりました。


B0169850_18193318

この歳になってくると、食事はとても重大関心事になってきます。お昼は、前回も予約しておいた、クルミの木のランチです。どんどん人気が高くなってきて、予約してあるのに、随分待たされてしまいました。

Dsc00492


Dsc00495

でも味も前回より良くなっています。ついデザートに、好物のマロンケーキを頼んでしまいました。これもあたりでした。


宿に、荷物をおいてから、奈良町を散策です。いろんなお店が増えて、時間がすぐ立ってしまいます。

Dsc00498


Dsc00499


Dsc00500

さて動きまわって小腹がすいてきました。これも奈良町のしっとりとしたお店で予約をとっておいた、江戸川という小料理屋です。なかなか和の風情が気に入りました。味もまあまあです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京発電車日帰り介護旅行で銚子電鉄に乗ってきました。

Dsc00487


銚子に行くには東京駅地下の総武線快速ホームからの始発の特急になります。我々は蒲田から行くので、京浜東北線で東京まで行きますが、あらかじめ蒲田の出発時に駅員さんに、東京駅の案内を頼んでおくことが必要です。いま東京駅のエレベーターが1基修理中で、迂回ルートがややこしいので、駅員さんの案内に任せたほうが、安心です。もちろん車椅子席の指定券をみどりの窓口で、とっておくことがおすすめですが、今回の場合は、列車の構造上、新幹線の指定席のようには、座れないので、特別室を使わせてもらうことになりました。

私の場合は、旅慣れていますので、スムースに対応できますが、慣れていないと、どこまで頼んでよいかわかりづらいと思います。ただ国の方から、鉄道各社に対して、車いす対応のための補助金が出ていますので、ガードマンさんの、人件費等は、そこから出ています。なるべくわからない点は、現場の人に聞くことがおすすめです。

Dsc00484


さて2時間ほどで、銚子につき、銚子電鉄に乗り換えです。エレベーターがあるので、乗り換えは簡単です。JRの方に醤油大樽が、格好の、記念スポットです。

銚子電鉄には、可愛いアテンダントさんが乗っていて、いいツーショットが撮れました。


なお乗り換え時間がたっぷりあるので、JR側の外の観光案内所で、いろいろ情報を仕入れると良いです。
帰りの珈琲屋は、ここで、地元の老舗の店を教えてもらいました。駅前にあります。


Dsc00483

観光案内所で仕入れた情報によると、終点の外川駅(とかわ)では、坂が多く、海が見えるところまでは、けっこう大変だというので、その手前の、犬吠駅で下車、灯台まで、歩いて10分前後だということです。
駅前にできたばかりの海鮮定食屋さんがありそこで、新鮮なお刺身等を食べることができました。決して高級感はありませんが、新鮮なお魚がおいしかったです。


Dsc00485


灯台につく頃には、天気が少し悪くなってきて、急いでおみやげ屋さんで、買い物をして、駅に戻りました。犬吠駅もバリアフリーなので安心して下車できます。

帰りの電車は、雨でしたが、直接濡れなかったのが幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線1泊2日介護旅行で四国に行ってきました(2)

2日目の今日は、少し曇っていましたので、朝、塩飽本島(しわくほんじま)に行く遊覧船に乗るかどうか、迷っていましたが、ご本人様が、寒くても行ってみたいとおっしゃるので、朝9時半の出航に合わせて、児島観光港に出向きました。昔私が、旅行したときは、下津井という港から出ていましたが、今は児島が、港になっていました。ただ便数が、極端に少ないので、そのまま下船しないで帰ってこないと、夕方まで、児島に戻れません。それと、はしけが、細いものが多いのですが、電話で確認したところ、車椅子が乗れることがわかりました。あと意外だったのは、だいたい小さい遊覧船だと、車椅子のまま客室には入れないことが多いのですが、ここの場合入れました。なので、デッキで寒風に吹きさらしを覚悟の上、乗ったのですが、客室に入れたので、極端な寒さは、合わずに済みました。客室は、暖房していました。


Dsc00471jpg


なので、今度は、瀬戸内海の海上から橋を見上げることで、鉄道と、高速道路が、2階建てになっていることがわかります。

潮の流れも結構早いことが実感できます。いわゆる瀬戸内海なのですね。

児島観光港に戻り、地元の名前も知らない、地みかんを買って食べました、とても美味しい味です。

児島から、倉敷の美観地区まで、車で移動、大原美術館あたりを散策しました。

Dsc00475jpg


お昼過ぎに岡山に戻り、後楽園のなかのレストランで、昼食、後楽園をボランテイアガイドの人が案内してくれました。                                                                                                                                              園内の奥に岡山城が見えるところで、記念写真、いい思い出になりました。


Dsc00476jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線1泊2日介護旅行で四国へ行ってきました。(1)

Dsc00462jpg


とうとう瀬戸内海をわたって四国に行ってみたいという夢が実現しました。                                          朝早く蒲田を出て、品川、新幹線で、岡山まで3時間、あっという間につきました。最近の新幹線は早く快適です。途中、富士山、姫路城も見えました。車椅子の新幹線指定席の予約の仕方は、過去ログにて、説明していますので割愛します。岡山駅で、15分の、乗り換え時間で、四国高松行きの快速指定列車に、乗り込んだところの、写真です。

Dsc00465jpg


お天気も良く、素晴らしい瀬戸内海が一望です。そしてあっという間に、高松に到着、駅近辺で一番うまい、讃岐うどんを、ネットで調べておきました。はなまる高松兵庫町店、地元の人が利用するというところに、うまい店があります。車椅子でも十分の広さがあり、いわゆる、讃岐うどんスタイルで、食べます。充分味わったところで、斜め前の、レトロな、コーヒー屋に入りました。オープンカフェスタイルなので、車椅子でも、気楽に立ち寄れます。帰り、高松駅で、お土産うどんを買い、1時間で、岡山に戻りました。

岡山で、福祉車両のレンタカーを借り、今夜泊まる、鷲羽ハイランドホテルに向かいました。

Dsc00468jpg


ここからの四国架橋の景色が素晴らしいので、このホテルになりました。ホテルも広くゆったりとしていましたので、くつろぐことができました。

夕食も、食べきれないほど、次から次ともってくるので、カニやあなご、タコ、鯛めしなどうまいものだけ先に食べました。満腹になります。


ベッドでは、移乗してふかふかのベッドに、入ってもらい、おむつ交換もできました。
ゆっくり休まれたと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車日帰り介護旅行で会津若松に行ってきました。

Dsc00435jpg

今回は会津若松のお城を見たいということで、朝早く新幹線で、郡山まで、行き、磐越西線で、会津若松まで、鈍行ないし快速のみしか走っていません。約1時間強かかります。行った時は、乗り継ぎ連絡も悪く、半端な時間ができるので、郡山で新幹線出口から一番近いレストランで、トンカツ弁当を20分で作ってもらい、空いた電車の中で、熱々のお弁当を食べました。新幹線の座席の取り方は、何度も説明しているので、今回は割愛します。


Dsc00436

東京,郡山までは、カンカンに晴れていましたが、猪苗代湖を越えるあたりから、小雨もようになりました。                                                                    会津若松に着くと駅前に、市内観光用の車椅子も乗れるバスが走っています。これに乗ってお城まで行きました。赤べこ号と言って、約30分ごとに、左回り、右回りがあるようです。一日乗車券は、一人500円です。どこでも降りれるようです。赤べこ号乗車の様子https://youtu.be/mFQy3IrMXMchttps://youtu.be/mFQy3IrMXMc


城に行く途中、武家屋敷や、宿泊する人用の東山温泉入口まで、立ち寄るので、なかなか気が利いていると感じました。
タダ車椅子の乗降は、まだ慣れていない運転手が多く、時間ばかりかかっていたように思います。


Dsc00442jpg

お城には、車椅子は全く入れないので、切符売り場のところで、待っていてもらって、奥様と途中まで、登りましたが、奥様も、きつい階段なので、無理せず1階のお土産売り場で、お土産を買って戻りました。
バスが寄るところは、会津若松駅の観光案内所で、パンフレットをもらっておくと便利です。
お城の近くのバス停から50mぐらい行ったところに、会津葵の駄菓子屋さんがあるので、寄ってみるのも良いです。白木屋バス停前に、満田屋という老舗のみそやがあるので、お土産にいいと思います。
なかなか文化のあるところなので、見所はいっぱいあります。また、別の機会に来てみるのもよいでしょう。

ちょっと小雨でしたが、風情のある街でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車日帰り介護旅行で伊勢に行ってきました。

Dsc00391

今回は、朝早く蒲田から品川まで来て、新幹線のぞみで、名古屋まで、1時間40分です。車椅子指定席は、1週間前に買うべきです。JR東海新幹線の場合、11号車11番D、12番D、13番D席が理想的ですが、その近辺でもOKです。ちなみに我々の場合、車椅子の人1名、介助者つまり私、車椅子の方の奥様の3人で座る場合の取り方になります。指定席の予約の取り方は、以前説明しているので割愛します。


さて名古屋についたら、駅員さんに、近鉄名古屋出発ホームまで案内を頼んでください。約15分は、見ておいてください。


ちなみに、新幹線各駅には、立派な障害者用トイレがありますので、できれば新幹線で移動中に、トイレを利用すると便利です。

Dsc00392


最初は、近鉄特急のしまかぜに乗れたらいいなと思っていましたが、調べてみると、大手私鉄とはいえ、やはりローカル私鉄さんです。車椅子用シートが、全然予約できません。なんでも、近鉄さんの事情で、直前に車両が、変更になることもあるようで、乗る直前にしか、車椅子席があるかどうかわからないという現状でした。しょうがないので、1時間40分かけて、急行で、五十鈴川駅まで、乗ることになりました。

五十鈴川駅ホーム下り階段の動画

https://www.youtube.com/watch?v=_U2Jt8obV4I


五十鈴川駅は、エレベーターがなく、このようなキャタピラーで降りることになりました。駅から、回り込んで、押して行って、約30分は、かかります。道すがら、ちょいちょい参拝客がいるので、道を聴きながら行けば、おかげ横丁に辿り着きます。

Dsc00394

ご本人様、伊勢で、赤福がたべられればいいとおっしゃっていたので、目の前で、出来たての赤福を、美味しそうに食べていらっしゃいました。

流石におかげ横丁は、混んでいて、食事は、なんでもありなので、時間があれば、楽しくぶらつくことができます。

トイレは、宇治橋のたもとにもあります。そこで、電動車椅子を貸出しているのを見つけました。ご存知の通リ
砂利道の参道ですので、普通の車椅子でしたら、ぜひ借りていけば、奥の正面まではいけます。ただ今回の方は、特殊な車椅子なので、電動は無論、押していくことも難しいので、赤福で、少し休んでいてもらって、奥様と、代わりに、お参りに行くことになりました。

Dsc00396

帰りは、宇治橋のたもとにあるバス停から、宇治山田まで、バリアフリーのバスが、約2本に1本、1時間に、3回ぐらいの便があるので、それで、宇治山田駅から、急行で、名古屋まで帰り、新幹線で、帰途につきました。

宇治山田駅は、エレベーターがあるので、バリアーは、特に問題ありません。なお急行は、1時間に1本ぐらいはありますが、夜になるとなくなるので、乗る前に確かめてください。
お天気には恵まれて1日、伊勢参りを楽しむことができました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車日帰り介護旅行で、仙台、松島湾に行ってきました。

Dsc00352

もう夏休みも終わりなのに、ネットで調べると、新幹線指定席が、結構埋まっていました。新聞でも、JR利用者が去年の2、1倍増えているそうです。つまり外国人観光客が、大勢押し寄せている感じです。なので、いつもなら、その日に、みどりの窓口で、指定券を調達できたのですが、これからは、できれば1週間前に、指定券を買う必要がありそうです。


車椅子席のある車両の指定券の取り方は、以前に何回か説明したので、省略します。蒲田から、東京駅まで、30分、東京駅、新幹線乗り場は、中央乗り場から入ってください。北口南口は、エレベーターがないので、車椅子は、ホームに辿り着きません。東京から仙台までは、1時間半から2時間で、着きます。新幹線仙台駅には、立派な障害者用トイレがあります。


仙台駅からは、在来線に乗り換えるわけですが、改札の駅員にその旨伝えると、10分ほど待たせられました。つまり、仙石線松島海岸駅にはエレベーターがなく、駅員さん4人がかりで、30mぐらいの高低差を、階段で上げ下げするようです。仙台駅から在来線のホームまで、エレベーターを3回ほど利用して、20分ほど、かかり、案内してもらいました。つまり乗り換えに30分は必要だということです。なので帰りの時間帯もしっかり伝えておくと、スムースです。


なので駅員さんが、4人同乗して松島海岸駅まで、同行となりました。


Dsc00376

2番目の写真が、松島海岸駅のホームから、遊覧船乗り場が見える景色です。かなり高低差があります。この駅の人にも、帰りの時間帯を伝えておく必要があります。仙台からここまで、約50分かかります。駅前にもトイレはありますが、障害者用はなかったようです。

さて駅から、道なりに10分ほど歩くと、遊覧船切符売り場に行き着きます。ネットで調べた時、予約が必要とあったので、予約は、ネットで完結するので、しておくべきです。スムースに乗れました。


Dsc00355


Dsc00367


Dsc00368

Dsc00374

お天気もよく、気分良く、船旅が楽しめたようです。

船を降りてから、船着場の近くの、食堂で、牡蠣丼、海鮮丼を食べました。海の近くなので、新鮮だと言っていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«電車日帰り介護旅行で、三島、韮山反射炉に行ってきました。